魅惑の伊勢志摩子。【渡鹿野島編】

  • 2017.01.24 Tuesday
  • 14:44

 

 

 みなさん、お寒うございます。oqyamaです。

 

 

昨年は年末2ヶ月程、三重県の伊勢志摩に行ってたのですが、長期滞在してたお陰で伊勢志摩のいろんな観光地その他諸々の地へ行くことが出来、とても楽しゅう御座いました。

 

いろんなところへ行ったのですが、本当にたまたまですが、わたしが滞在してた先の目と鼻の先に今回ご紹介したい観光地があったことと『ここを是非レポートしてみて下さい』と、一部の強いおススメがあったこともあって、今回『渡鹿野島(わたかのしま)』という島の様子をニヒル牛マガジンに載せたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の天気はピーカンの晴天、風もなく海も穏やかで海を眺めて過ごすには最高の日であった。

 

 

 

そんな日に私は『渡鹿野島』へ向かう船を待っていた。

 

 

 

 

 

 

『的矢(まとや)』という地は牡蠣の養殖が盛んで、小さな小屋付きの養殖用の船が沖に幾つも浮かんでおり、人影も少ないが天気が良いせいか、海はどことなく『春の海』のような空気を漂わせており、このままここで一日中過ごしてもイイ気分にさせる。

島へ渡るには島に向かって搬送する船が的矢の岬より乗るのだが、その船を的矢まで呼ぶには波止場に立っている長方形の赤白に二色色分けした目印を横に向けて渡鹿野島に信号を送り船が来てくれるのを待たねばならない。

 

その手段を地元の漁師さんに教えてはもらったものの、

『目印を横にしても向こうの船頭さんが気づいてくれなければ、船は来ないかも』と言われちょっと心配になる。

一応、目印を横にして気長に待つことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、10分程したら、島よりこちらに向かってくる船がくるではないか!

 

 

 

 

 

 

 

小さく驚き、そして小躍り。

 

 

 

 

船は停泊し、私は船に乗り込んだ。

船に乗り込むのは私一人きりで船頭のオッサンはどうも耳が遠いらしく、何か訪ねるごとに「ハア?」と耳に手をあてて聞き返すので、

(このオヤジ、このまま私をどこか得体のしれないところへ連れ去るなんてことないだろーな・・・。)

と、お得意の被写体妄想がグルグルと巡るのだが、船は何事も無く渡鹿野島の岸に無事、到達するのだった。

 

 

 

 

 

 

 

渡鹿野島について、目の前の景色は鬱蒼とした林で、その林のど真ん中をアスファルトの一本道が通ってて兎に角

その道をまっすぐ行けば、渡鹿野の集落にたどり着くらしい。

なんてことない、この道は明らかに一本道で人家や墓地を横目に20分程歩くと、軽くひとやま越えた先に渡鹿野の町中に出ることが出来た。

 

 

 

 

 

 

ちょっと小高い丘から集落と美しい海が一望できる。坂を下り地形に沿って作られた密集してる家々を見てみると、

まだ家屋の痛みも激しく無くすぐにでも住めそうな一軒家が引き取り手も無さそうにかなりの数、空き家として取り残されていて

 

 

 

 

 

 

 

アパートも一部屋も住人がいないまま何棟も取り壊しされる様子も無く放置されている。

 

 

 

 

 

 

ここの集落は住んでいる人がいる家屋やアパートを探し出すほうが早いんじゃないか?という風貌で、何かここで大事件や事故がおこって一斉に住人達が自主的に立ち退いてしまったのでは?と勘ぐってしまうようなたたずまいを、街全体が醸し出していた。

 

 

 

 

集落の先端には渡鹿野のメインとなる岬があるのだが、観光目的として島を訪れる人はほぼこちらを利用するようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りを入るとかつて渡鹿野の夜をきらめかせていた繁華街や民宿、個人商店などが並び、しかしどこも営業してるかどうかわからず人もたまに通るだけ。岬のそばにある老人ホームからかすかに歌声が聞こえてくる。

 

 

 

 

 

 

心もとなく行き場も無い気分のまま、海沿いを歩いてみた。

 

 

プール付きのホテルのプールの中には既に水はなく、プールサイドには立ち枯れた雑草でぼうぼうで

 

 

 

 

 

 

その先には放置された田んぼの中に上半身のみで呆然と立ち尽くす案山子

 

 

 

 

坂のカタチにあわせて増築したらしく最終的には一体何階建てなんだ?という廃屋になってしまった民宿

 

 

 

 

島で唯一の神社に奉られたタイ語でなにやら書かれたハート型の絵馬

 

 

 

 

 

おおよそ1時間程でこの集落は一周できてしまうくらいの広さで、同じ民宿の前に何度も何度も出てきてしまったり、同じ道をいったりきたりしてしまったり、よーくみたらどの家にも表札が無い。

誰も居なそうだな、このアパートには。。と思い通り過ぎてこうとすると部屋の中からテレビ音が聞こえてきて、ビクゥッ!としてしまう始末。

 

 

 

 

 

 

『一体ここで何があった?』と考えてしまう数々の断片に、街全体が廃墟となった立体迷路を随分長いあいだ巡っていても、決して答えてくれないこの街の寡黙さに私はどうしても疎外感を感じずにはいられなかったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに数時間が経ち、

 

 

 

私は夕方にはここを立たねばならなかったので、集落地区より本島へ向かう定期便に乗る船が着く船着き場を確認しに向かった。

昼間からカラオケの音を流しっぱなしにしているスナックを通り過ぎる。

『和田』という波止場はほどなく見つけることが出来た。

 

が、その手前の場所になんだかゴチャゴチャしたものが沢山あるのが目に入った。

 

 

 

 

 

 

どうも、海に浮かぶ黒いウキにペンキでペイントした代物らしい。

 

 

 

 

 

それにしてもディズニー、アンパンマン、ドラえもん、七福神、水戸黄門、などなど、巷の嬉し楽しおめでたいキャラが目白押しである。

そして、キャラばかりでなく、東日本大震災の復興を願う看板や、山火事防止、渡鹿野島にコンビニは一件も無かったが、なんでかピックアップしてるのはローソン、しかしデザインされてるモチーフはLPガスと意図する方向性がかなりめちゃくちゃだったりする

 

 

 

 

 

おそらく、渡鹿野に住むどなたかの作品なんだろう。

この『渡鹿野島の It's a small world」には

”絆を切り裂かれた宝島”や

 

 

 

 

 

ミッキー?ミニー??の口が顔からはみ出てるし

 

 

 

 

 

沢山の目に見られながら、パンダは死んでるし

 

 

 

 

 

奴隷は泣きながら船漕いでるし

 

 

 

 

 

E・YAZAWAバンドがこんな辺境の地でライブしておる。

 

 

 

 

 

 

こちらが『和田』という波止場。

 

 

 

 

 

入り口では侍が土下座してお出迎えしている。。

 

 

 

 

 

きくと、ここの近くにプロパンガスを運びにきてた若い兄ちゃんも「これ、いつの間にか出来てたんですよー」と、よくわかんないらしい。

おそらくここに住む見知らぬオッさんが自分の趣味でひとりきりでコツコツとこの混沌とした空間を作り溜めてきたんだろうな。

 

 

私にはこのオッさんが、

島に来てくれた人が楽しんでくれるように。

この閑散とした島に再び若いひとが戻ってきてくれて、ディズニーランドのような明るい愉快な島になるように。

 

と、思いながらこの『 It's a small world 』をつくっていたように思えてならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は帰りの船を待った。

停泊時間より少し遅れて船は到着したので少々焦ったのだが、ガス運びの兄ちゃんが心配してくれて船がくるまで一緒に待っていてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、伊勢志摩のコンビニいっても『Sex Wax』なるものが売っていたのだが

 

 

 

 

 

 

買ってくることはもちろん、用途さえ訊けずじまいで帰ってきてしまって気になるからってこれを買いにもう一度伊勢志摩に行きたい。と思うのは、余りにもバカやろうだろ!自分!!

 

と、いうことで次回に続く。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • ズバリ、「奥山商店」とは!?
    oqyama (05/30)
  • ズバリ、「奥山商店」とは!?
    peakinglights (05/12)
  • 日本のノースダコタ州、千葉県。その1
    まお (11/03)
  • 豊橋にて『奥山商店』発見!!の巻。(前編)
    oqyama (01/18)
  • 豊橋にて『奥山商店』発見!!の巻。(前編)
    a (01/14)
  • 豊橋にて『奥山商店』発見!!の巻。(前編)
    t (01/14)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM